日本保全学会 事務局
東京都台東区池之端
2-7-17 IMONビル 10F
電話:03-5814-5430
FAX:03-5814-6705
secretariat@jsm.or.jp

概要

一般講演(企画セッション含む)
・企業展示 案内

学生セッション 案内

講演申込

参加申込

オンライン投稿

プログラム

日本保全学会 第12回学術講演会
廃炉への取組 ― 原子力利用と環境 ―

概要


主 催 日本保全学会
会 期 2015年7月13日(月)・14日(火)・15日(水)
会 場 日立シビックセンター〔茨城県日立市幸町1-21-1〕
特別企画
一般公開
(無料)
日時:2015年7月13日(月) 12:50-16:30 (12:00開場)
場所:日立シビックセンター 音楽ホール

1.開会挨拶
  
第12回学術講演会実行委員長
塩幡 宏規(茨城大学名誉教授)
2.基調講演
内山 洋司(筑波大学名誉教授、エネルギー・資源学会会長)
「日本のエネルギー事情と原子力」
3.テーマ講演
  
柳原 敏(福井大学特命教授)
「原子力施設の廃止措置 -意義と現状-」

岡本 孝司(東京大学教授)
「福島第一原子力発電所の廃炉の現状とこれから」
4.特別講演
  
石川 迪夫(原子力デコミッショニング研究会会長)
「福島事故が教える 間違いだらけの原子力常識」
講演 一般講演(企画セッション含む)・ポスターセッション・企業展示
学生セッション
プログラム 詳細はこちら pdf
講演資料の
アップロード
日本保全学会学術講演会では原稿のオンライン投稿を採用しています。
講演申込をされた方にユーザー名とパスワードを発行し、メールにてお知らせいたします。講演申込フォームでユーザ名・パスワードを取得してから、オンライン投稿よりログインし、講演原稿と当日発表資料をアップロードしてください。(オンライン投稿は締め切りました)
講演申込締切 2015年5月7日(木)2015年5月28日(木)
2015年6月8日(月)※再延長しました
原稿提出締切 2015年5月29日(金)
2015年6月8日(月)※再延長しました
講演申込方法 講演申込みは締め切りました
参加申込方法 オンライン上での参加申し込みは締め切りました。当日会場でご登録ください
参加登録料
【正会員】
8,000円
【学生会員】
1,000円
【一般学生】 2,000円
【法人会員】
8,000円
【一般参加】
12,000円
【企業展示】 60,000円(1コマ)
ウェルカム
パーティ
(講演者との
懇親)
日時
7月13日(月)17:00~
参加費
2,000円(学生は無料)
場所
日立シビックセンター マーブルホール (アクセス)
懇親会
日時
7月14日(火)18:00~
参加費
7,000円(学生は2,000円)
場所
日立シビックセンター マーブルホール (アクセス)
見学会
日本保全学会 学術講演会では見学会は企画しません。ただし、下記の要領で日立GEニュークリア・エナジー(株)、(株)日立製作所、三菱日立パワーシステムズ(株)による日立製作所日立事業所の見学会が開催される予定です。

詳細はこちら pdfWord版申込書ダウンロード
申込・問い合わせ先:hitachi-kengakukai@pis.hitachi.co.jp

日時
7月16日(木)9:30~16:00頃(予定)
見学内容
原子炉内構造物、日立創業小屋、小平記念館、蒸気タービン他(予定)
対象
学生・事業者・教育機関・研究機関を優先します。
メーカ関係者はご遠慮いただく場合があります。

問い合わせ先 日本保全学会事務局
東京都台東区池之端2-7-17 井門池之端ビル10F
電話:03-5814-5430 FAX:03-5814-6705
E-mail:secretariat@jsm.or.jp




第11回学術講演会 アクセス数
累積アクセス数:50503
本日アクセス数:2
(2014年3月19日より集計)
主要ページ(トップ、保全潮流、分科会報告、学術講演会 等)
合計アクセス数

:792110
(2012年10月22日より集計)