日本保全学会 事務局
東京都台東区池之端
2-7-17 IMONビル 10F
電話:03-5814-5430
FAX:03-5814-6705
secretariat@jsm.or.jp

プログラム 参加申し込み

第16回保全セミナー
原子力規制の現状と課題
─信頼される原子力規制を期待して─

2016年2月22日(月)に東京大学武田ホールにて第16回保全セミナー「原子力規制の現状と課題 ─信頼される原子力規制を期待して─」が開催されました。
約155名のご参加を頂き、大盛況の内に終えられる事ができ、ご参加頂きました皆様には心より御礼申し上げます。
また、セミナー後に開催致しました懇親会にも多数のご参加を頂き、誠にありがとうございました。

当日の様子を下記に掲載いたしました。

    •           
      • 日時・場所

        開催日: 2016年2月22日(月)10:00 - 17:30
        会 場:東京大学浅野キャンパス 武田先端知ビル 武田ホール
        (東京都文京区弥生2-11-16)
        主 催:日本保全学会

        タイムテーブル
        10:00-10:05実行委員長ごあいさつ(開会挨拶)奈良林 直(北海道大学)
          第一部(津波/地震等の自然現象への対応)
        10:05-10:50 福島第一原子力発電所事故原因の検証 奈良林 直(北海道大学)
        10:50-11:35 想定を超える事象に対する思考実験の重要性について─設計高さを超える津波の例─ 青木 孝行(東北大学)
        11:35-12:40 昼食
        12:40-13:25 断層の活動性と工学的なリスク評価 (調整中)
          第二部(新規性基準への適合性審査状況)
        13:25-14:15 原子力発電所の事故シーケンスと設備の有効性評価(仮題)

        講演者調整中(中国電力、四国電力)

        14:15-15:00 伊方発電所3号機に係る愛媛県の対応について 菅原 洋行(愛媛県県民環境部防災局)
        15:00-15:30 コーヒーブレイク
        15:30-16:15 新規制基準に基づく適合性確認検査について 笠毛 誉士(九州電力)
          第三部(今後の適合性審査の仮題)
        16:15-17:00 非難燃ケーブルに防火措置を施すことによる難燃性能の向上について 瀬越 義則(関西電力)
        17:00-17:45 特定重大事故等対処施設の基本要件と代替対策について 今野 隆博 (日立GEニュークリア・エナジー)
        17:30-17:35 閉会  
        18:00-19:50 懇親会 講師との質問・意見交換可能です。

        参加費:会員25,000円
        非会員30,000円
        懇親会費:6,000円
        日本保全学会 事務局
        110-0008 東京都台東区池之端2-7-17
        IMONビル10F secretariat@jsm.or.jp







    第16回保全セミナー アクセス数
    累積アクセス数:15222
    本日アクセス数:15
    (2015年1月7日より集計)
    主要ページ(トップ、保全潮流、分科会報告、学術講演会 等)
    合計アクセス数

    :809522
    (2012年10月22日より集計)