日本保全学会 事務局
東京都台東区池之端
2-7-17 IMONビル 10F
電話:03-5814-5430
FAX:03-5814-6705
secretariat@jsm.or.jp

プログラム 参加申し込み

第18回保全セミナー

―原子力発電所の更なる安全性向上及び検査制度の大改革に向けて―

プログラム

開催日: 2018年2月15日(木) 10:00 - 18:00
会 場: 東京大学 浅野キャンパス 武田先端知ビル・武田ホール
(東京都文京区弥生2-11-16)
主 催:日本保全学会
(1/9:講演者に変更がございました。〘*部〙 )
タイムテーブル
                  
10:00-10:05 開会挨拶 実行委員長 文能 一成(関西電力)
  第1部(原子力発電所の自主的安全性評価の取組みについて)座長 宮野 廣(法政大学)
10:05-11:00 川内原子力発電所の安全性向上評価について 江藤 和敏(九州電力)
11:00-11:45 産業界におけるリスク情報を活用した意思決定プロセスの導入戦略について 津村 真吾(電力中央研究所)
11:45-13:00 昼食
13:00-13:45 確率論的安全評価(PRA)と安全目標について

村松 健 (東京都市大)

13:45-14:15 リスク情報を活用した保全活動について 鈴木 直浩(中部電力)
14:15-14:45 コーヒーブレイク
  第2部(最近の規制動向及び技術動向について)    座長 小林 邦浩(東北電力)
14:45-15:15 火山の降下物対策について *明神 功記(関西電力)
15:15-15:45 使用済燃料乾式貯蔵に係る規制基準の見直しと中部電力における検討状況について 三葛 武文(中部電力)
15:45-16:15 柏崎刈羽6/7号機の知見の新規制基準への反映について 川村 慎一(東京電力HD)
  第3部(新検査制度に対する保全活動状況と学協会の役割について)
                           座長 堀田 宏司(四国電力)
16:15-17:00 新検査制度の概要及び重要度に応じた検査のあり方について
(仏国での炭素偏析への対応及び神戸製鋼所不正への対応など)
棚橋 晶(関西電力)
沖村 浩司(三菱重工)
17:00-17:45 検査制度改革の実効性を高めるために保全学会が果たすべき役割
(保全標準化推進検討会設立主旨)
青木 孝行(東北大学)
17:45-17:55 まとめ 文能 一成(関西電力)
17:55-18:00 閉会挨拶 鈴木 賢治(新潟大学)
18:00-19:50 懇親会 講師との質問・意見交換可能です。

参加費:正会員・法人会員25,000円
非会員30,000円
懇親会費:6,000円(一律)
日本保全学会 事務局
110-0008 東京都台東区池之端2-7-17
IMONビル10F
お問い合わせ:seminar18@jsm.or.jp





第18回保全セミナー アクセス数
累積アクセス数:
本日アクセス数:
(2015年1月7日より集計)
主要ページ(トップ、保全潮流、分科会報告、学術講演会 等)
合計アクセス数

:
(2012年10月22日より集計)