日本保全学会 事務局
東京都台東区池之端
2-7-17 IMONビル 10F
電話:03-5814-5430
FAX:03-5814-6705
secretariat@jsm.or.jp

第10回保全セミナー
「保全関連規格の制定状況と今後の課題」

謝辞

 セミナー当日は、雨天にもかかわらず、150名近い方々のご参加を頂きました。ありがとうございました。
今後とも原子力を始めとした産業界の安全性を高めるため、多岐にわたるテーマを提供して参ります。

趣旨

 平成14年に国の委員会で検討が開始された「原子力発電施設の技術基準の性能規定化と民間規格の活用」は、検討の結果に基づき実行に移され、すでに8年が経過しました。この間、国の技術基準は性能規定化され、日本原子力学会や日本機械学会、日本電気協会が制定した学協会規格は、順次、国による技術評価を受け、規制当局の審査基準として採用されています。
 今回のセミナーでは、これまでに制定された保全関連規格の概要、ポイントなどを紹介するとともに、現時点において当初考えていた成果は得られているか、今後の課題は何か、等について幅広く議論し、保全関連規格に関する有用な情報を提供します。

  <写真>

プログラム

開催日2010年9月27日(月)9:30 - 17:30
会 場東京大学浅野キャンパス 武田先端知ビル 武田ホール
(東京都文京区弥生2-11-16)
主 催日本保全学会

>> 予稿集の購入(10,000円)はこちらから <<


9:30-09:40ごあいさつ関村 直人(東京大学)
第一部  我国の規制基準体系の運用状況と課題  座長:望月 正人(大阪大学)
09:40-10:25 新検査制度・高経年化対策と規格について石垣 宏毅(NISA)
10:30-11:15 学協会規格策定活動の活性化に向けた取り組み状況と課題伊藤 裕之(原技協)
第二部  学協会の保全関連規格制定状況と課題  座長:高橋 浩之(東京大学)
11:20-12:05保守管理規程等の保全関連規格の体系的整理と課題宮野 廣(法政大学)
12:05-13:05 昼休み(60分)
13:05-13:50 保全活動における高経年化対策実施基準の役割と課題文能 一成(NEL)
13:55-14:40 保全活動における維持規格等の役割と課題小山 幸司(MHI)
14:40-15:00 休憩(20分)
第三部  国際比較による我国の規制基準の状況  座長:森下 正樹(JAEA)
15:00-15:45原子力発電所における保全関連の民間規格の日米比較伊藤 邦雄(JANUS)
15:50-16:35 国際的視点からみた保全規制・基準の在り方
(OECD/NEA SCAP,IAEA IGALLを例として)
菅野 眞紀(JNES)
特別講演                     座長:渡辺 豊(東北大学)
16:40-17:30将来展望に立った保全の在り方関村 直人(東京大学)
実行委員会
委員長関村 直人(東京大学)
幹事青木 孝行(保全学会)、西川 嘉人(関西電力)、小島 千秋(東京電力)
委員畠埜 恭介 (九州電力)、佐川 渉(日立GE)、放生 潤(北陸電力)、小島 史男(神戸大学)、
沼田 和也(北海道電力)、渡部 幸夫(東芝)、谷浦 亘(中国電力)、竹下 明(中部電力)、
堀田 宏司(四国電力)、望月 正人(大阪大)、山口 篤憲(発電技検)、遊佐 訓孝(東北大学)
佐藤 公仁弘(東北電力)、堂崎 浩二(日本原電)

参加費会員35,000円日本保全学会 事務局
110-0008 東京都台東区池之端2-7-17
IMONビル7F secretariat@jsm.or.jp
 非会員40,000円
懇親会費6,000円 





第10回保全セミナー アクセス数
累積アクセス数:4548
本日アクセス数:4
(2012年10月23日より集計)
主要ページ(トップ、保全潮流、分科会報告、学術講演会 等)
合計アクセス数

:757395
(2012年10月22日より集計)