日本保全学会 事務局
東京都台東区池之端
2-7-17 IMONビル 10F
電話:03-5814-5430
FAX:03-5814-6705
secretariat@jsm.or.jp

プログラム
Chapin氏の講演について WEB中継について

第12回保全セミナー
「原子力の新しい展開に向けてー福島事故を乗越えてー」

>> 予稿集の購入(10,000円)はこちらから <<


趣旨

 福島第一原子力発電所の事故から10カ月が過ぎた。「保全」の体系化を積極的に進めてきた保全学会として、この事故を「保全」の観点から、「何をしていれば防ぐことができたのか」を分析する。これを前提に、この事故の教訓として、これからの対応において「保全」として何を考え、「保全」は何をすればいいのか、を考えたい。

プログラム

開催日 2012年1月31日(火)9:25 - 17:45
会 場東京大学浅野キャンパス 武田先端知ビル 武田ホール
(東京都文京区弥生2-11-16)
主 催日本保全学会

9:25-09:30実行委員長ごあいさつ 山口篤憲(発電技検)
 第一部保全の役割座長:高橋浩之(東京大学)
09:30-10 :00 福島第一原子力発電所事故に関する原子力安全規制の現状と展望黒木慎一(NISA)
10:00-10 :45 保全から見た福島事故の分析奈良林直(北海道大学)
10:45-11 :15 津波対策と保全橋爪秀利(東北大学)
11:15-11:30 休憩(15分)
 第二部裕度の把握座長:渡辺豊(東北大学)
11:30-12:00リスク評価による裕度把握山口彰(大阪大学)
12:00-12:30想定外事象と安全対策宮野廣(法政大学)
12:30-13:45昼食(75分)
 第三部外から見た福島事故座長:望月正人(大阪大学)
13:45-14:30 米国から見た福島事故Douglas M. Chapin(MPR)
14:30-15:00 マスコミから見た福島の課題中島達雄(読売新聞)
15:00-15:15 休憩(15分)
 パネルディスカッションコーディネータ:山下寛子(アクセンチュア)
15:15-17:45「保全」で“安心”が得られるか 中島達雄(読売新聞)
山崎淑行(NHK)
杉山憲一郎(北海道大学)
松本義久(東京工業大学)
織田満之(保全学会会員)
実行委員会
委員長山口 篤憲
委員青木孝行、一宮正和、西川嘉人、望月正人、斉藤英世、最所丈博、沼田和也、田口耕世、佐藤彰、
谷浦亘、堂崎浩二、竹下明、堀田宏司、宮口仁一、木村嘉富、奈良林直、高木敏行、渡辺豊、宮野 廣

参加費会員35,000円日本保全学会 事務局
110-0008 東京都台東区池之端2-7-17
IMONビル10F secretariat@jsm.or.jp
 非会員40,000円
懇親会費6,000円 




第12回保全セミナー アクセス数
累積アクセス数:5579
本日アクセス数:4
(2012年10月23日より集計)
主要ページ(トップ、保全潮流、分科会報告、学術講演会 等)
合計アクセス数

:757390
(2012年10月22日より集計)