日本保全学会 事務局
東京都台東区池之端
2-7-17 IMONビル 10F
電話:03-5814-5430
FAX:03-5814-6705
secretariat@jsm.or.jp

第9回保全セミナーのご案内
「状態監視技術~保全への活用(海外・他産業事例を交えて)~」

趣旨

 これまでに蓄積された各種機器の状態監視データや知見を活用すれば、機器の点検周期延長に対する技術的根拠を準備できるだけでなく、機器の異常徴候が検知された場合、原子力発電所の安全性が十分に確保されていることの技術的根拠と確信を持ちながら当該機器の是正措置を加えるタイミングを検討することができるなど、現状の保全を格段に高度化、適正化できる可能性が秘められている。新検査制度が施行された現在、保全活動を正当化する技術的根拠が強く求められるようになっている。

 今回のセミナーでは、上記を踏まえ、高度な状態監視技術を保全分野で活用することで期待される効果や問題点について幅広く議論し、有用な情報を提供します。
 (2010年3月30日)

  <写真>

プログラム

開催日:2010年3月30日(火)9:50-17:45
会 場:東京大学浅野キャンパス 武田先端知ビル 武田ホール(東京都文京区弥生2-11-16)

>> 予稿集の購入(10,000円)はこちらから <<


9:50-10:00 開会挨拶  
第一部 我国における状態監視技術の現状  座長:望月 正人(大阪大学)
10:00-10:30 電流徴候解析MCSAによる電動機駆動系の最新診断技術の紹介
豊田 利夫(九工大)
10:30-11:00 製鉄所における状態監視技術の現状と展望 四阿 佳昭(新日鐡)
11:00-11:30 AE法による転がり軸受診断技術 迫 孝司(旭化成エンジ)
11:30-12:00 石炭火力発電所でのPdM適用事例 沼尻 光一郎(J-Power)
12:00-12:30 浜岡原子力発電所における状態監視技術の適用 竹下 明(中部電力)
12:30-13:30 昼休み(60分)  
特別講演 中国の原子力発電事情  座長:宮 健三(保全学会)
13:30-14:10 中国における原子力発電所の保全の現状と将来 陸 道綱(中国 華北電力大)
第二部 海外における状態監視技術
※第二部につきましては同時通訳がつきます
 座長:山口 篤憲(発電技検)
14:10-14:50 効果的な予知保全による日本の原子力プラントの改善 Ted Royal(米国PdM専門家)
14:50-15:30 ウェスティングハウスの状態監視技術 SteveToney(WEC)
15:30-15:40 休憩(10分)  
15:40-16:20 予知保全分野における革新的な弁保全技術 Frank Kostroun(独AREVA)
16:20-17:00 米国原子力プラントにおけるCBMの適用 Douglas Chapin(MPR社)
17:00-17:40 ディアブロ・キャニオン発電所における状態監視プログラム Howard Arnold(Diablo Canyon発電所)
18:00- 懇親会

>> 予稿集の購入(10,000円)はこちらから <<






第9回保全セミナー アクセス数
累積アクセス数:5034
本日アクセス数:4
(2012年10月23日より集計)
主要ページ(トップ、保全潮流、分科会報告、学術講演会 等)
合計アクセス数

:780874
(2012年10月22日より集計)